キャッシングクレジットカードでキャッシング出来る限度額について

キャッシングクレジットカードのキャッシングとはどういった意味でしょうか?
「キャッシング」とは、各種金融機関が各個人に対して行う小口金融の事をさしています。


調べによるとキャッシングの利用者は男女で6:4の割合で、職業だとサラリーマン、主婦、学生と色々な方に幅広く利用されています。

融資の方法、金額、利率、審査の早さなど利用する側の色々な用途や目的があるし、無利息、低金利、即日審査や、銀行系など返済方法も手軽に出来るサービスなどもたくさんあり、便利になってきています。


キャッシングの限度額は、各消費者金融によって異なっています。手軽に利用されているフリーローンだと初回で50万円位までのキャッシングの借り入れが可能となっています。

また、50万円を超えて利用したい場合は収入証明書など各種審査用の書類提出が必要となる可能性もあります。融資限度額は利用する人の年齢、収入、過去の利用暦など色々な個人のデータを基に設定されています。


限度額は申し込み時点だけでなく、実績によって変動していく事があります。

信販系のキャッシングはキャッシングクレジットカード会社のキャッシングローンサービスです。
金利も低めですし、ATMやCDの台数が多いので利用しやすいと言うのもポイントだと思います。借り入れた金額を分割して返済することが可能となっています。


銀行系のキャッシングは、銀行系の金融機関のキャッシングローンサービスです。ほかの金融機関に比べて低金利で限度額も高めに設定されています。

他の金融機関に比べて審査も厳しいですが、多くの金額を長期で借りる場合は安心感があると思います。

キャッシングクレジットカードの限度額を超える場合の使用・分娩費用

最近の出産事情について、分娩費用がないという理由で妊娠や出産を諦めたり、躊躇したりしている夫婦や女性が多いという現状があります。

分娩費用はとりあえずは自己負担して、後から保険で戻ってくるシステムになっていますが、一時的にでも30〜40万、またはそれ以上の自己負担は家計にとってもものすごく厳しいものがあると思います。


分娩費用の平均金額は国立病院では31.7万円だそうですが、民間の医療機関も含めての分娩、入院の平均費用は36万4618円だそうです。(財団法人・こども未来財団の「子育てコストに関する調査研究」(03年3月)による)

あくまでもこの費用は分娩、入院によるものなので、その前後の定期健診や、色んな妊婦用品など準備費なども含めると総額50万3683円になるとも言われています。


ちなみに2006年10月から30万から35万円に出産育児一時金が増額になったのはすごく嬉しい事でした。

けど、例え後から戻ってくるとは言え、50万という大金がわずか1年弱の間に出て行くとなると、家計にとっては痛手ですよね。

そこで分娩費用もキャッシングクレジットカードで払う事が出来たら、すごく助かりますよね。


調べたら分娩費用をキャッシングクレジットカードで払うことが出来る産婦人科があると言うことが分かりました。

しかも、返済が普通のカードだと翌月ですが、「はっぴーママカード」に加盟している病院なら翌々月の振り替え(最長89日後)になるので、出産一時金をもらった後に支払い請求がくるので、自己負担額がすごく少なく済ませることが出来ます。


また国立病院やキャッシングクレジットマスターカードが利用できる病院では「はっぴーママカード」で支払いが出来ますが、キャッシングクレジットカード自体は1回払いで翌々月払いに変更が可能です。
OMCサービスセンターに利用した翌月の3日までに連絡をすれば翌々月に支払いを変更することが可能です。

「はっぴーママカード」では分娩費用の限度額の増額サービスを行っています。
出産が近づいてくると色々買い物も必要になるし、出費がかさみますよね。

その時に一時的にでも利用限度額を増やすと、安心して利用することが出来ると思います。増額申込みは出産予定日の2ヶ月前からですので、利用してみてくださいね。

キャッシングクレジットカードの利用限度額が上がる時期

キャッシングクレジットカードの利用限度額とは、それぞれ種類により月に利用できる金額の上限が決められていて、このことを利用限度額といいます。

利用限度額は、通常どうり定期的に利用したり、返済に滞りがなかったりすると普通は上がります。これはキャッシングクレジットカードを使用している方の信用が上がるのと同じ様に上がっていくようになっています。


例えば、定期的に毎月少しでも利用している実績があると信用度はあがるし、返済もきちんとしていれば、思ったより早い時期に限度額は上がります。

また、限度額の枠が大きいと限度額いっぱいに使いすぎてしまう心配もありますが、その場合はキャッシングクレジットカード会社に連絡をして、利用限度額を引き下げてくれるように申込みをすることも出来ますのでそういった不安も解消されると思います。


限度額の設定内容を比較的柔軟に設定することが出来ます。例えば100万円の限度額でショッピングに70万、キャッシングに30万といった様に設定可能ということです。

キャッシングクレジットカードには「有効期限」も設定されていて、だいたいは数年単位となっています。期限はそれぞれのキャッシングクレジットカードの表に表記されています。


同じキャッシングクレジットカードを利用し続ける場合は、有効期限が切れる前に新しいキャッシングクレジットカードが届けられ、自動的に更新されるようになっています。

だから利用者側が手続きをする必要がありません。
ただし理由によって早めに更新を行いたい場合はキャッシングクレジットカード会社に連絡をして融通させてもらうことが可能です。


キャッシングクレジットカードのポイントにも有効期限がありますが、色々なポイントを一つにしてポイントの有効利用することが出来るので、損をしないよう調べてみてくださいね。

またセゾンキャッシングクレジットカードなどの永久不滅ポイントなどを利用すると、消去されることがないので、いつでもポイントを利用することが可能となります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。